散歩用の椅子を借りたので、外へ出てみた。介助者が一人だと、不自由で危ないことが分かった。椅子など荷物の運搬と歩行見守りは同時にはできない。私もそんなに立って待っていられない。エレベータはすぐ閉まるので危険だし、EVホールへのアプローチの斜面も急すぎる。いろいろテストができて良かったし、きれいな薔薇やコスモスの写真が撮れて、満足。

テレパシーを感じたかのように、私の散歩中にお電話があり、退院以来でWさんにお会いした。びっくりするくらいお元気だった。根性の人だ!

名残のコスモスや、ブーゲンビリア、ほかの花たち

ピンポンマム
キダチルリソウ

朝8:15発の通所バスは時として1時間以上となる。月時”きつい”と思うこともあるが、何事もリハビリと思って慣れようと思う。考えようによっては、週2日、称名寺や片吹、西柴、能見台の小公園や並木道を眺めていられる貴重な時間だ。

能見台付近
Nさん宅のタイワンツバキ

Top Pageへ

公益財団法人長寿科学振興財団siteより

政府は長寿科学研究推進事業として、センターの設立・支援財団の設置等を決定, 財団法人長寿科学振興財団設立,政府は「高齢者保健福祉推進十か年戦略」(ゴールドプラン)を策定

青魚  野菜  海藻類  果物  オリーブオイル、菜種油  大豆 <Lisky food>

青魚

 鯖、鯵、鰯などの青魚に含まれるDHAやEPAは血栓をできにくし、LDLコレステロールを下げる働きがあります。

脳血管疾患(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)予防になる食べ物として血栓をできにくくし、LDLコレステロールを下げる働きがあるDHAやEPAを含む鰯と鯵の写真。

野菜

 緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンやビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素を除去する働きがあります。動脈硬化の原因は血管壁のLDLコレステロールが活性酸素によって酸化して固まること(アテローム)が原因です。抗酸化作用によってLDLコレステロールが酸化されるのを防いでくれます。

脳血管疾患(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)予防になる食べ物として動脈硬化要因である活性酸素を除去する働きがある抗酸化作用を含むβ-カロテンやビタミンCを含む緑黄色野菜の写真。

海藻類

 水溶性食物繊維やカリウムを多く含みます。水溶性食物繊維は腸内でコレステロールや中性脂肪を吸着し、便と一緒に排泄してくれます。またカリウムは血液中の余分なナトリウムを排泄し、血圧を下げる働きがあります。低カロリーなので、ダイエットにもオススメな食べ物です。

脳血管疾患(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)予防になる食べ物として腸内でコレステロールや中性脂肪を吸着し、便と一緒に排泄する働きのある水溶性食物繊維と血液中の余分なナトリウムを排泄し血圧を下げる働きのあるカリウムを多く含む海藻の写真。

果物

 ブルーベリーやいちごに含まれるポリフェノールも抗酸化作用があります。また果物はカリウムが多いため、ナトリウムを排泄する働きがあります。ただし糖分も多いため、食べ過ぎると中性脂肪が増え、血糖値も上昇するので糖尿病の方や血糖値が高めの方は控えます。

脳血管疾患(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)予防になる食べ物として抗酸化作用のあるポリフェノールを含むブルーベリーといちごの写真。

オリーブオイル、菜種油

 オレイン酸を含む油はLDLコレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化を予防します。

脳血管疾患(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)予防になる食べ物としてLDLコレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化を予防するオレイン酸を含むオリーブオイルの写真。

大豆

 大豆はマグネシウムとカリウムを含みます。マグネシウムは筋肉と血管の収縮を防ぎ、血液が凝固しすぎないよう保つ働きがあります。

脳血管疾患(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)予防になる食べ物として筋肉と血管の収縮を防ぎ、血液が凝固しすぎないように保つ働きがあるマグネシウムを含む大豆製品の写真。
参考文献
  • 平成27年(2015)人口動態統計(確定数)の概況 厚生労働省(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  • 日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会報告書 厚生労働省(外部サイト)(新しいウインドウが開きます)
  • 脳血管疾患のリスクを上げる食べ物

    アルコール

     適量(純アルコール20gの飲酒はHDLコレステロールを増やし、動脈硬化のリスクを軽減すると言われています。しかし多量の飲酒は肥満、脂質異常症、高血圧、糖尿病を発症させるので、週1~2回の休肝日を設け、飲酒量は控えましょう。

     また、くも膜下出血や脳出血は飲酒量に比例して発症率が上昇します。

    動物性脂肪(飽和脂肪酸)

     肉の脂身、ラードなど動物性脂肪はLDLコレステロールや中性脂肪を増やします。特に注意が必要なのはマーガリンやショートニングなどトランス脂肪酸を含む油です。これらもLDLコレステロールを増やします。パン、菓子類、加工食品など様々な食品に使われています。

    塩蔵品、加工食品、調味料

     食塩の過剰摂取は高血圧を招きます。

    甘いもの、過剰の糖質摂取

     糖質の過剰摂取は肥満につながるだけでなく、血液中の余分な糖分により血管が傷つきます。高血糖状態が続くと全身の血管が傷害され、動脈硬化が促進され、血栓ができやすくなります。

    3 生活習慣病とエネルギー・栄養素との関連

    Top Pageへ

    1. Dark Chocolate
    2 Fatty fish
    3 Flaxseed oil 亜麻仁油
    4 Dark, Leafy Greens
    5 Walnuts and Pumpkin Seeds
    6 Berries
    7 Eggs (and avocados)
    8 Meat
    9 Legumes and Squash Seeds マメ科植物とカボチャの種
    10 Turmeric root or powder ウコンの根または粉

    A healthy diet after brain injury can help boost recovery. Therefore, it’s important to understand what the best foods for brain injury recovery are, so that you can intentionally include them in your diet.

    In this article, we’ll discuss some of the best foods for TBI recovery based on clinical research. You’ll learn how these foods support TBI recovery, which we hope inspires you to make long-term changes.

    At the end, you’ll learn which foods you should avoid after sustaining a TBI. That way, you’ll know what a healthy diet plan after head injury should involve. As always, be sure to check with your doctor before making significant dietary changes.

    Elements of a Good Diet Plan for Head Injury

    The best diet plan for individuals following a head injury is one that fuels the brain. Your brain requires significant levels of energy to function, and when you sustain an injury, it will need even more to recover efficiently.

    Therefore, a good brain injury diet should be high in protein and rich in certain vitamins and minerals such as magnesium and zinc, which are both depleted following a TBI.

    Some of the best types of foods that do this are those that contain high levels of compounds called flavonoids. Flavonoids are great for patients after head injury because they contain antioxidants that help fight free radicals, i.e. unstable molecules that cause inflammation of brain tissue and changes to cerebral blood flow.

    By consuming foods that reduce inflammation, you can therefore improve your chances of making a good recovery from TBI.

    Want 20 pages of brain injury recovery tips in PDF form? Click here to download our free ebook “15 Things Every TBI Survivor Must Know” (link opens a pop up for uninterrupted reading)

    What Are the Best Foods for Brain Injury Recovery?

    Now that we know what a proper head injury diet requires, here are some of the best foods for brain injury recovery:

    1.Dark Chocolate

    pieces of dark chocolate and raspberries on a black marble counter

    Dark chocolate’s high levels of both magnesium and antioxidants, two nutrients essential for a healthy brain, make it a great food for TBI recovery.

    Of course, that doesn’t mean you should add it to every meal. Even though dark chocolate has less processed sugar than milk chocolate, there is still some in it. (see section below on what foods to avoid for why processed sugar is bad for brain injury recovery)

    Still, the health benefits of dark chocolate are well established and, most of the time, you can eat it without any guilt on your conscience.

    In general, the higher percentage of cocoa, the less sugar it has in it. Therefore, to extract the most health benefits out of dark chocolate, try to consume products containing at least 70% cocoa.

    ダーク チョコレートの高レベルのマグネシウムと抗酸化物質、健康な脳に不可欠な 2 つの栄養素であり、TBI の回復に最適な食品です。

    もちろん、すべての食事に追加する必要があるというわけではありません.ダーク チョコレートはミルク チョコレートより加工糖が少ないですが、それでも多少は含まれています。 (加工糖が脳損傷の回復に悪い理由については、避けるべき食品について以下のセクションを参照してください)

    それでも、 ダーク チョコレートの健康上の利点 十分に確立されており、ほとんどの場合、良心に罪悪感を感じることなく食べることができます.

    一般に、カカオの割合が高いほど、含まれる糖分は少なくなります。したがって、ダーク チョコレートから最大限の健康効果を引き出すには、少なくとも 70% のカカオを含む製品を消費するようにしてください。

    2. Fatty fish

    plate full of grilled salmon one of the best foods for brain injury recovery

    The omega-3 fatty acids found in certain types of fish are some of the best foods for brain injury recovery.

    This is because the brain is nearly 60% fat, and over half of that fat is omega-3. Thus, if you really want to fuel your brain’s recovery, giving it omega-3 is critical. Plus, your brain actually uses omega-3 to rebuild brain cells.

    Omega-3 also plays a huge role in preserving the brain’s plasticity. Since a big part of TBI rehabilitation revolves around engaging neuroplasticity to repair the brain, you are definitely going to want to include omega-3 in your brain injury diet.

    Some fish that are rich sources of omega-3 fatty acids include:

    • Salmon (4,123 mg per serving)
    • Mackerel (4,107 mg per serving)
    • Sardines (2,205 mg per serving)

    To extract the most health benefits out of fatty fish, it is best to bake or broil the fish.

    特定の種類の魚に含まれるオメガ 3 脂肪酸は、脳損傷の回復に最適な食品です。

    これは、脳がほぼ 60% 脂肪であるためです。 、そしてその脂肪の半分以上がオメガ3です。したがって、脳の回復を本当に促進したい場合は、オメガ3を与えることが重要です.さらに、脳は実際にオメガ 3 を使用して脳細胞を再構築します。

    オメガ 3 は、脳の可塑性を維持する上でも大きな役割を果たしています。外傷性脳損傷リハビリテーションの大部分は、神経可塑性 脳を修復するには、間違いなく脳損傷食にオメガ 3 を含めたいと思うでしょう。

    オメガ 3 脂肪酸の豊富な供給源である魚には次のものがあります:

    • サーモン (1 食分あたり 4,123 mg)
    • サバ (1 食分あたり 4,107 mg)
    • イワシ (1 食分あたり 2,205 mg)

    脂肪の多い魚から健康上の利点を最大限に引き出すには、魚を焼くか焼くのが最善です.

    3. Flaxseed oil

    If seafood isn’t really appealing to you, there are many other foods that are rich in omega-3 that you can add to your head injury diet.

    For example, flaxseed oil is an excellent source of omega-3 fatty acids and is a great alternative to fish. For example, just pouring one tablespoon on top of your food will give you 57% of your daily value of omega-3.

    However, the omega-3 in flaxseed oil is not as easily processed as the omega-3 found in fish. Therefore, you will need to consume more to obtain the same number of benefits.

    You can also try adding ground flaxseeds to your morning yogurt or oatmeal.

    魚介類にあまり魅力を感じない場合は、頭部外傷の食事に追加できるオメガ 3 が豊富な食品が他にもたくさんあります。

    たとえば、亜麻仁油は オメガ 3 脂肪酸の優れた供給源 で、魚の優れた代替品です。たとえば、大さじ 1 杯を食べ物の上に注ぐだけで、1 日の値の 57% が得られますオメガ-3.

    しかし、亜麻仁油に含まれるオメガ 3 は とは異なります。魚に含まれるオメガ 3 として簡単に処理できます。したがって、同じ数のメリットを得るには、より多くの消費が必要になります。

    朝のヨーグルトやオートミールに亜麻仁を加えてみることもできます.

    4. Dark, Leafy Greens

    woman eating spinach pasta and kale

    Dark, leafy greens such as kale and spinach are excellent foods for brain injury patients. Not only are they some of the most nutrient-dense foods on earth, they also contain high levels of omega-3.

    Kale in particular contains a high level of B-vitamins. B-vitamins improve communication between neurons and boost neuronal repair after TBI. Therefore, if you are looking for foods to add to your head injury diet plan, make sure it includes kale.

    ケールやほうれん草などの濃い葉物野菜は、脳損傷患者にとって優れた食品です。 地球上で最も栄養価の高い食品であるだけでなく、高レベルのオメガ 3 も含まれています。

    特にケールには高レベルの ビタミン B が含まれています . ビタミン B はニューロン間のコミュニケーションを改善し、外傷性脳損傷後のニューロンの修復を促進します。 したがって、頭部外傷の食事計画に追加する食品を探している場合は、ケールが含まれていることを確認してください.

    5. Walnuts and Pumpkin Seeds

    Certain types of seeds such as walnuts and pumpkin seeds are also rich sources of omega-3. For instance, walnuts contain around 2500 mg of omega-3 per serving. In addition, walnut skin is packed with antioxidants, which reduce inflammation and promote brain recovery.

    Pumpkin seeds contain good amounts of omega-3 as well, but they also are high in omega-6 fatty acids. Research indicates that too much omega-6 can actually increase inflammation, something that individuals should avoid during their recovery from a brain injury. Therefore, consume pumpkin seeds sparingly.

    クルミやカボチャの種などの特定の種類の種も、オメガ 3 の豊富な供給源です。 たとえば、クルミには 1 回分あたり約 2500 mg のオメガ 3 が含まれています。 さらに、クルミの皮には抗酸化物質が豊富に含まれており、炎症を軽減し、脳の回復を促進します。

    カボチャの種にはオメガ 3 も豊富に含まれていますが、オメガ 6 脂肪酸も多く含まれています。 調査によると、オメガ 6 が多すぎると実際に炎症が増加する可能性があることが示されています。 脳損傷。 したがって、かぼちゃの種は控えめに消費してください。

    6. Berries

    assortment of berries for brain injury recovery

    Berries are full of antioxidants, which, as we learned, are very helpful in protecting the brain from damage and reducing inflammation.

    Studies have also shown certain berries such as strawberries and blueberries to be useful for improving memory, learning, and other cognitive functions.

    Blueberries in particular can also increase the production of BDNF, an important growth protein that acts as a fertilizer for your brain. BDNF triggers your brain to enter a process known as neurogenesis.

    Neurogenesis is similar to neuroplasticity, except where neuroplasticity refers to the brain’s ability to rewire itself, neurogenesis actually involves the creation of new brain cells.

    All of this makes berries, especially blueberries, some of the best food for brain injury recovery.

    ベリーには抗酸化物質が豊富に含まれており、脳を損傷から保護し、炎症を軽減するのに非常に役立つことがわかりました.

    研究も示しています 特定のベリーイチゴやブルーベリーなどは、記憶、学習、その他の認知機能の改善に役立ちます。

    特にブルーベリーは、脳の肥料として機能する重要な成長タンパク質である BDNF の生産を増やすこともできます。 BDNF は、脳が神経発生として知られるプロセスに入るきっかけとなります。

    神経発生は神経可塑性に似ていますが、神経可塑性が脳の自己再配線能力を指す場合を除き、神経発生は実際には新しい脳細胞の作成を伴います。

    これらすべてにより、ベリー、特にブルーベリーは、脳損傷の回復に最適な食品の 1 つになります。

    7. Eggs (and avocados)

    Eggs are important for brain injury patients because they are a good source of choline.

    Choline is a nutrient used to create the neurotransmitter acetylcholine, which helps with mood and memory. Higher choline intake has also been shown to lead to better overall cognitive function.

    For extra health benefits, try stuffing eggs into an avocado. Avocados are rich in oleic acid, which your brain uses to process information more rapidly. Therefore, combining eggs with avocados can supply your brain with a significant cognitive boost in just one small meal.

    卵はコリンの良い供給源であるため、脳損傷患者にとって重要です.

    コリンは、気分や記憶を助ける神経伝達物質アセチルコリンを作るために使われる栄養素です。コリンの摂取量が多いほど、全体的な認知機能が向上することが示されています。 /p>

    さらなる健康効果のために、アボカドに卵を詰めてみてください。アボカドには、脳が情報をより迅速に処理するために使用するオレイン酸が豊富に含まれています。したがって、卵とアボカドを組み合わせることで、たった 1 回の小さな食事で脳の認知力を大幅に向上させることができます。

    8. Meat

    plate with steak and asparagus, two of the best foods for brain injury recovery

    Meat is an especially great source of zinc, one of the nutrients depleted in the brain after a head injury. In fact, patients show “elevated urinary zinc loss that persists for weeks” and the zinc loss “appears proportional to TBI severity” according to clinical studies. Since zinc plays a critical role in the immune system and the formation of memories, it is vital that patients after a brain injury find ways to replenish it.

    Red meat is a particularly great source of zinc. However, processed meat has been linked to an increased risk of heart disease. Therefore, if you want to consume processed meats, try to keep them in moderation.

    肉は、頭部外傷後に脳内で枯渇する栄養素の 1 つである亜鉛の特に優れた供給源です。実際、患者は「数週間持続する尿中亜鉛喪失の上昇」を示し、亜鉛喪失は「外傷性脳損傷の重症度に比例しているように見える」 によると臨床研究へ。 亜鉛は免疫システム記憶の形成、脳損傷後の患者がそれを補充する方法を見つけることが重要です.

    赤身の肉は特に優れた亜鉛源。ただし、加工肉は心臓病のリスクの増加に関連しています。したがって、加工肉を消費する場合は、適度に保つようにしてください。

    9. Legumes and Squash Seeds

    If you have a history of heart disease, or would just prefer to avoid meat products altogether, there are alternatives to meat. For example, legumes such as chickpeas and lentils can provide the zinc you need to recover from brain injury.

    In addition, seeds like squash seeds and flaxseeds have also been shown to lower cholesterol and blood pressure. This makes them an all-around great food to add to your diet plan for head injury.

    心臓病の病歴がある場合、または肉製品を完全に避けたい場合は、肉の代替品があります. たとえば、ひよこ豆やレンズ豆などの豆類は、脳損傷からの回復に必要な亜鉛を提供します。

    さらに、カボチャの種や亜麻仁などの種子も、コレステロールと血圧を下げることが示されています. これにより、頭部外傷の食事計画に追加する万能の優れた食品になります.

    10. Turmeric root or powder

    Finally, one of the best foods for brain injury recovery is technically a spice. Turmeric is a curry spice used in many dishes, and it is a rich source of curcumin, which has many benefits for TBI patients.

    Not only is curcumin an antioxidant, but it also stimulates the production of an essential growth factor in the brain, called BDNF. As mentioned above, BDNF allows your brain to trigger neurogenesis.

    Turmeric has a strong taste and can take some getting used to. But, because it is a spice, you can add it to almost anything! You can sprinkle some on rice or add some to your tea. Chicken soup also goes great with turmeric.

    If you want more specific ideas for how to use turmeric in your diet, check out these recipes.

    最後に、脳損傷の回復に最適な食品の 1 つは、厳密にはスパイスです。ターメリックは多くの料理に使用されるカレー スパイスであり、クルクミンの豊富な供給源であり、TBI 患者にとって多くのメリットがあります。

    クルクミンは抗酸化物質であるだけでなく、 BDNF と呼ばれる脳内の必須成長因子の生成も刺激します。 上記のように、BDNF は脳が神経新生を引き起こすことを可能にします。

    ターメリックは味が強く、慣れるまでに時間がかかる場合があります。でも、スパイスなので何にでも入れられます!ご飯にふりかけてもよし、お茶に加えてもよし。ターメリックとチキンスープの相性も抜群です。

    Foods to Avoid During Brain Injury Recovery

    Now that we’ve covered some of the best foods for brain injury, it’s time to look at some of the foods you should avoid during recovery.

    In general, you should avoid foods containing saturated fat and processed sugar. These foods can hamper BDNF and neuroplasticity, the very things you want to promote in a good head injury diet.

    Some foods high in saturated fat and sugar include:

    • Dairy products (butter, cream, milk, cheese etc…)
    • Fatty meat cuts such as ribeye steak or lamb chops
    • Processed meat (salami or sausages)
    • Sugary drinks

    It’s important to note that this isn’t an absolute prohibition because some of these foods (like dairy products) have important health benefits. The key is to eat these foods sparingly if you want to improve your brain’s function.

    脳損傷に最適な食品をいくつか取り上げたので、回復中に避けるべき食品を見てみましょう.

    一般的に、飽和脂肪と加工糖を含む食品は避けるべきです。これらの食品は、BDNF と神経可塑性を妨げる可能性があります。

    飽和脂肪と砂糖を多く含む食品には次のものがあります:

      • 乳製品 (バター、クリーム、牛乳、チーズなど)
      • リブアイ ステーキやラムチョップなどの脂肪分の多い肉の切り身
      • 加工肉(サラミまたはソーセージ)
      • 砂糖入り飲料

    これらの食品の一部 (乳製品など) には重要な健康上の利点があるため、これは絶対的な禁止事項ではないことに注意することが重要です。ケ

    Are These TBI Recovery Foods Safe for You?

    We tried to keep this list as healthy as possible, but many foods that are good for the brain are high in fat and sugar.

    Although the fat and sugar in these foods are the healthier kind, if you have high cholesterol or are at risk of stroke or heart attack, some foods on this list might not be safe for you. Be sure to check with your physician or a registered dietitian before adding any of these foods to your diet.

    And that’s it! We hope this post gave you some inspiration to try out some new foods and create a healthy brain injury diet that enhances your recovery.

    このリストをできる限り健康に保つように努めましたが、脳に良い食品の多くは脂肪と糖分が多いものです.

    これらの食品に含まれる脂肪と砂糖はより健康的な食品ですが、コレステロールが高い場合や運動不足の場合は 脳卒中または心臓発作のリスクがあるため、このリストにある食品は安全ではない可能性があります。これらの食品を食事に加える前に、必ず医師または登録栄養士に確認してください。

    以上です!この投稿が、いくつかの新しい食品を試し、回復を促進する健康的な脳損傷食を作成するためのインスピレーションになることを願っています.

    Top Pageへ

    「どこかに、出かけたい!」「歩かなきゃ!」「どれだけ歩けるのかしら!」

    オカピの前のあまり人が歩かないところで杖で歩いてみたけど、地面が湿っていて少し傾斜があり、とても歩きにくかった。これは予想外。トイレ、カフェは使いやすかった。タクシーの誘導などのサービスも良かった!

    お出かけしたかったので、だだ張り切っていてうれしかった!楽しかった。家族に感謝!

    動物園俳句へ

    Top Pageへ

    6/16 退院の時にお勧めのあった治療法についての研究

    ボトックス注射

    ボトックス注射は、ボツリヌス菌の作り出す筋弛緩作用のあるA型ボツリヌス毒素(天然のたんぱく質)を、緊張している筋肉に注入することでその筋肉をリラックスさせる治療。(毒素といっても、天然のたんぱく質からできた毒素を分解・精製したもので、ボツリヌス菌の菌体やその成分、培養液の成分などは一切含まれない。)

    薬の効果
     
    ボトックスは筋肉を支配する神経に取り込まれて、その神経をマヒさせます。その結果、注射された筋肉を弛緩させることが出来ます。過剰な緊張によって固くなってしまった筋肉を弛緩させることにより、関節を動かしやすくします。

    脳卒中後遺症の手足の筋肉のつっぱりやこわばりに対して、ボトックス注射が適応となります。

    薬効の持続期間

     お薬自体は注射後速やかに神経に取り込まれますが、実際に効果は2~3日後より徐々に出てきます。また効果は3~4ヶ月持続し、徐々に注射前の症状が再び現れてきます。ですので、効果を継続したい場合は反復した注射が必要となります。

    ボツリヌス療法+短期集中リハビリテーション

    痙縮とは

    脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。

    治療内容

    ボツリヌス療法を実施し、筋肉を緊張させている神経の働きを抑えることで、筋肉の緊張をやわらげ、動かし易くなることで、リハビリ効果を出やすくします。
    ボツリヌストキシンを注射→動かしやすくなった状態で集中的にリハビリを実施します。

    リハビリ訓練スケジュール

    STEP1 現状と取り組む目標や計画を理解する
    リハビリ以外の時間で自主練習が出来る

    STEP2リハビリ以外での活動が定着する

    STEP3リハビリで習得したことを生活動作に取り入れる

    ]STEP4新しい生活動作を習得する
    リハビリ終了以降の自己管理について準備する
    身体機能の回復や変化を理解する

    ボツリヌス療法について

    痙縮(けいしゅく)とは

    脳卒中などの後遺症としてみられる運動障害のひとつに痙縮(けいしゅく)という症状があります。医学的には『筋伸張反射が過敏になり筋緊張が病的に亢進する状態』とされています。主な症状として、後遺症のある麻痺側で筋肉に力が入りすぎて「手指が握ったまま開きにくい」、「肘が曲がったまま戻りにくい」、「足先が裏側に曲がってしまし歩きにくい」といった症状がみられます。わずかな刺激で筋肉に異常な力(筋伸張反射)が入るため、動かしにくいだけでなく、眠れないことや痛みの原因にもなります。

    ボツリヌス療法とリハビリテーション

    治療スケジュールの一例

    リハビリテーション 3~4ヵ月

    1.診察 ボツリヌス療法を受けられるか医師が診察し判断します

    2.治療目標設定 リハビリ専門職も加わり痙縮によって「何に困っているのか」「何ができるようになりたいのか」といった点を相談し治療目標を決めます

    3.予約する 治療目標が決定したら初回投与日を予約します

    4.初回治療 初回投与をおこないます

    5.運動療法の実施 必要に応じて投与直後に運動療法(リハビリ)を実施します

    6.受診 医師と治療後の症状を相談しながら次回治療の必要性を決定します

    7.予約する 2回目の投与日を予約します

    8.2回目治療 2回目投与をおこないます
    以降、経過観察と治療を繰り返します

    Is Botox an effective treatment for spasticity after stroke?

    Botox for Stroke Patients: How It Can Help with Spasticity Relief

    Last updated on August 26, 2022

    Following a stroke, miscommunication between the brain and muscles can cause the muscles to involuntarily contract and become stiff, a condition known as spasticity痙性

    . One way to relax the muscles is to use Botox for stroke patients.

    Most patients aren’t told exactly how Botox works, so they only see short-term results. This article will show you how to turn your temporary gains from Botox into lasting relief.

    これまでもらったアドバイス:

    • Sさん(PT)・・・✕ Wakakusa  いいとは言えない(OTの仕事がなくなる)。
    • Uさん (OT)・・・✕ Wakakusa 弛緩させると力がはいらなくなる。
    • Wさん(PT)・・・ Wakakusa 人により、効く人とそうでない人あり。やってみてもよい。
    • Nさん (OT)・・・✕ komorebi 痙縮があるわけではなく不要

    千葉からみんなが来てくれた!姉はあった時ちょっと泣きそうだったけど、なんの泣く必要があろう!姉はそのあとすぐベランダに出て、「この景色は一日中見ていられる!」と言ったそうだ。コスモスが咲くハイムガーデンの散歩第2回ができた。

    photos by Hitoshi うまい、きれい!

    10/13三歩歩行  10/13 Cogy  10/16 Roland電子ピアノ  10/20 若草HP補装具外来  

    11/5 トイレ内歩行  11/10 右足、前へ!  11/18二動作歩行」へグレードアップ!

    11/24 まだまだ慎重に?「装具更新計画」set back  11/25 Komorebi Advice  12/2 ピアノファン?

    もしかして画期的?3歩ぐらいだけど手放しで歩けた。

    歩行練習が必ずしもスムーズではないけど、歩行時間、距離は少しずつ増え、いい方向にはいっていた。補装具更新の話も進み、こもれびでは、新しいことに挑戦させてくれる。みんなの支えで、気負わず、たゆまず行くのみ!

    なんと今日は、歩行練習の後、ベッドの手すりの近くで両足を交互に動かしたら、歩けるではないか。自分でもびっくり。

    Cogy 10/13

    昨日はCogyという歩行訓練器(機?)にいきなり乗車、結構うまく乗り回したのでみんなが拍手、動画も撮ってくれてた。

    「COGY」 足で漕ぐペダル付き車いす
    COGY(コギー)製品紹介/乗車方法

    COGY(コギ‐)製品紹介と乗車方法動画公開 座面の下にストッパーがついているタイプの場合は必ず座面下ストッパーを乗り降りの前に必ずかけてください。

    What if your wheelchair actually be an opportunity to help you move your legs again?
    This is how pedaling wheelchair ‘COGY’ came to life.

    使用マニュアル

    基本的な操作方法
    ○車いすのシート部にクッションを敷き、クッションに着座してください。
    ○靴を履いた足をペダルに乗せてバンドで固定してください。
    ○走行する時は、ペダルを両足で回転させてください。
    ○停止する時は、ハンドブレーキレバーを握ると停止します。
    駐停車時、移乗する時は、必ずパーキングブレーキをかけ、前輪をロックしてください。

    この頃の進歩 10/16 – 31

    自分では、あまり実感できないけど、今日の若草リハビリでもWさん、Hさんから「進捗著しい」と言われた。遊んでばかりいたり、お菓子を食べたりしてるけど、楽しくしてるのが一番のような気がする。

    ローランドの電子ピアノを購入。

    ピアノ演奏は意外に難しかった。こもれびで弾く人のつたない演奏を笑えないことがわかった。まず、リズムが悪い。音もすぐ間違える(致命的)。少しづつ上手になりたい。

    若草HP補装具外来 10/20

    10/20、若草補装具外来へ行った。歩行の進捗についての意見が分かれ、1か月様子を見ることになった。10/21から、こもれび送迎バスは、ステップ乗車・下車となった。ほぼ問題なくクリアしたが、いつもBE CAREFULLだ !

    10/31 発声練習用の舌の「B_lululu」が上手にできるようになった。左手で、車いすのブレーキ解除ができるようになった。少しずつだけど、進歩している。いい天気だ!!

    トイレ内歩行 11/5

    11/5 トイレから車椅子への移動の時、自力でくるりと歩けるようになった。と、思ったら少し直進で歩けた、たった1mだけだけど。

    11/10 右足、前へ!

    補装具の角度を調節して、左の足首が曲げられるようになっている。でも、その角度に合わせた歩き方がわからなかった。今朝の自主トレで、右足をぐっと出してみたら、左足が自然にしなり、足首だけでなく足先もしなりスムーズに右足が出た。不思議、普通の歩き方になった。(なりそうだ。)

    11/18 「三動作歩行から二動作歩行へ」Grade Up OK

    11/10の右足前出しから、「どんなことがあってもやるぞ!」の覚悟で、左腰の筋肉を強化するよう努力したら、かなり継続してできるようになった。今日のこもれびでは、リハビリのO女史から、「今までの三動作歩行から、二動作歩行へアップグレードできたということね。」との認定(!)を受けた。

    かなりきついと思う時もあるが、「やるなら今!」と思っている。こもれびへの通所の途中、紅葉を楽しんだりお風呂で俳句をひねり出したりも忘れない。

    11/24 まだまだ慎重に「装具更新計画」set back!

    11/24, きちんと予約したつもりで行った外来で、医師、PT、装具担当がすべてが、予約状況を知らず45分待ちで到着からすると1時間待ちにがっかり。<要原因究明

    F医師の診断は10月と同じで、装具の更新には不同意。上肢の硬直傾向ありでまたもやbotox injectionのお勧め。同意できず。「一生注射が続くのか?」と訊いたら「yes」とのこと。そんなこと聞いてないよ!Socond opinionを検討したい。

    全身状態や日常生活全般を考慮せず、日常では出ない足の反射を測定し「まだ、不随意運動がある。」の診断にこだわるような指導にギモン。(医師の診断が「基本的に正しい」とはわかっているが・・・)自力数歩歩行も「ダメ!」と言われ、「だった何を楽しみに訓練すればいいの?」とも思った。(自力歩行は止めない。私が、私の意志で、私の足で歩いているのだから!)

    次回の診察について訊いたら「気になることがあったら、主治医(F先生)に連絡するように」とのこと。j12/15の受診はどうなる?来年1月の「更新のための意見書」を書いてもらうまではこのままか。もやもやの一日だった。

    11/25 Komorebi Advice 

    11/24 の病院訪問を受けてのこもれびOTのアドバイス

    11/25こもれびでHさんが、「歩行が難しくなっている」と言いつつ、「でも、私、走れるのよ。走るほうが自由に動けるのよ」と、言ったのには大笑いし励まされた。Be Carefullだけど。Hさんは本当に楽しそうに走った!

    12/2 こもれびの朝、昼休憩Time

    朝のお迎えバス乗車の時、97歳Aiさんが先に乗っている私に、「こんなお美しい人と一緒で・・・」と言う。こもれびM君はわざと聞こえないふりをして「え?なんかいいました?」とまぜっかえす。私もすかさず「えっ?聞こえない。Aiさん、もう一回言ってください!」とふざけた。この日は歩行訓練も調子がよかった。

    ランチ後のための片手ピアノ練習も続けている。ピアノにはギャラリー(?)も増えて、急にそばに寄ってくるので、こちらがびっくりしたりする。でも、一緒に歌う人がいて楽しい。