Ian Bostridgeさんのインスタで見たHeather!

Heather (Calluna vulgaris) Scotch Heather/Ling Heather, is an evergreen branching shrub. Heather flowers bloom in late summer. Wild species of Heather flowers are usually in purple or mauve shades. The flower’s various cultivars come in colors ranging from white, through pink, a wide range of purples and reds.

https://www.instagram.com/p/ChH7sHiqYfI/?igshid=YmMyMTA2M2Y%3D

https://www.pickupflowers.com/flower-guide/heather

イギリスの大地を赤紫に彩るヘザーの花

英国国営放送BBCの地方ニュースで、ノースヨークシャー(North Yorkshire)の荒野ムーアでヘザーが花盛りというニュースを見ました。今回は、イギリスの夏の大地を赤紫に彩(いろど)るへザーのお話……。

ヘザーの丘.jpg


P1090969a.jpgまず、ヘザー(Heather)とは、ヨーロッパやアフリカ原産のツツジ科の植物。ヘザーは何百種という多種に及ぶそうなのですが、イギリスに自生するへザーはヒザくらいの高さの藪になって大地を這い、夏のあいだ、こんなかわいい釣鐘(つりがね)型の花をつけます。
イギリス国内では、北イングランドとスコットランドのムーア(moor)、あるいは、ムーアランド(moorland)と呼ばれる酸性土壌で農耕にも適さず、牧草も育たない荒地で見られると言われていますが、南西イングランドの高地などでも見ることができます。こちらは、イングランド南西部デボン州(Devon)にあるダートムーア(Dartmoor)に出かけたときに見かけたヘザー。


ダートムーア.jpgダートムーアは、コナン・ドイル作のシャーロックホームズシリーズの「バスカヴィル家の犬」の舞台になったことでも知られています。


ところで、このヘザー、ヒース(Heath)と呼ばれることもあります。ヒースと聞くと、イギリス文学に造詣の深い方は、エミリー・ブロンテ作の「嵐が丘」の主人公ヒースクリフ(Heathcliff)を思いうかべられるかもしれません。こちらは、エミリー・ブロンテ一家の暮らしたウエストヨークシャー(West Yorkshire)のハワース(Haworth)の村はずれで撮影したヒースです。

P8300144x.jpg


現在は博物館となっているブロンテ牧師館の裏手には、「嵐が丘」の舞台となった荒地ムーアが広がっています。エミリー・ブロンテ一は、自分の小説の主人公をその荒れ野に根をはるヒースのたくましさになぞらえたのではないでしょうか。


さて、今回、友人がヘザーを見に連れて行ってくれたのは、ブロンテ一家が暮らしたハワースの北東に位置するノースヨークシャー(North Yorkshire)のパンパーデールムーア(Pamperdale Moor)という場所。

P1100929x.jpg


きっと、その年によっても見ごろの時期は多少異なるのだと思われます。

IMG_1795a.jpg


 空模様によっても、へザーの花の色合いは変わって見えるにちがいありません。

Top Pageへ

University of YorkからのRoyal Mail.」大学の60周年記念で「みんな集まろう!」と。

Lotteryにに当たれば往復の交通費を出しますって。考えただけで楽しい。新発見は、私の同窓会会員番号がついていたこと。

この頃、PC の買い替えでのデータ整理をほぼ完了し、失いかけていた(見つけられなかった)2003-2004の写真を見つけて楽しんでいたので、感慨深い!

News Letter

Top pageへ

2021/8/16

米軍撤退からわずか1週間で首都カーブルはタリバンの手に渡った。なんという悲劇。20年間の戦闘の意味は?遠く離れていても親しく思うアフガン人の友人の最近のFBポストを掲載しておく。

◇ 幼き日の 写真FaceBookにそっと置き 異郷に立つ友 カーブル陥落 (2021/8/16)Haiku page

Afghanistan 2021/10/1

Backgrund WP article FULL TEXT

https://www.facebook.com/697171501/videos/394030572332168/

Lyse Doucet

10月10日 2:52  · Kabul .. may its light shine far and wide for all those who keep it in their heart …

Felipe Camargo
Once in late 2001, you interviewed me on the roof top of the Intercontinental Kabul. I recall only that I said, ‘we cannot do it alone…’

Brief History of Afghanistan

図解:度重なる侵攻と抵抗、アフガニスタンの歴史 National Geography

民族の対立、衝突、他国による侵攻への抵抗を繰り返した道のり;  アフガニスタンは山と砂漠に囲まれた内陸国だ。その歴史は、1747年にパシュトゥン人指導者アハマド・シャー・ドゥラーニが敵対していた各部族を統合しアフガン帝国を設立して以来、周囲の敵対する国々との戦争と外交によって形作られてきた。 TEXT

Top Pageへ

Helen と1回だけ歌った曲はヘンデルのオラトリオSAULだった!懐かしい。お誕生日のお祝いにその思い出を書いたら「覚えてるわ」と。なんて素敵、私が一番好きだった、北ロンドンから来たお嬢様だった。

Thanks Ak***! I remember the singing, I wish I could do that again! Maybe when this covid business is all over, I’d like to start doing music again. I hope you’re very well. He*** xxx

Saul: An oratorio for Soprano, Alto, Tenor & Bass Soli, SATB & Orchestra (英語) ペーパーバック – 2004/1/1
Handel / Saul, HWV 53 (Jacobs)
Ruby Hughes, soprano
Händel – March from the Oratorio “Saul” HWV 53

『サウル』はヘンデルが大きな成功を収めた作品の一つ。ゴリアテに勝利した英雄ダビデと、彼に嫉妬し殺意を募らせ、魔女の力を得ようとするサウル。聖書に基づく劇的な台本を手掛けたのは、のちに『メサイア』の台本も書くことになるチャールズ・ジェネンズ。ヘンデルならではの魅力的な合唱をはじめ音楽も大規模なもので、本格オペラとしても上演される名作です。

登場人物

サウル』(Saul)HWV 53は、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが1738年に作曲し、翌年上演されたオラトリオ聖書の「サムエル記」に見られるサウルダビデの逸話にもとづく。

  • サウル:バス – イスラエルの王。
  • ダビデ:アルト[14] – ペリシテ人に勝った英雄。ベツレヘムエッサイの子。
  • メラブ:ソプラノ – サウルの長女。
  • ミカル:ソプラノ – サウルの次女。
  • ヨナタン:テノール – サウルの息子。
  • アブネル:テノール – イスラエルの将軍。
  • 司祭:テノール
サウル:初代のイスラエル王 神を信頼しきれず窮地に陥る

サウルは、「美しい若者で、イスラエル人の中で彼より美しい者はいなかった」(Ⅰサムエル記9・2)と聖書に記されています。サムエルは彼の頭に油を注ぎ(134頁の囲み記事参照)、王に任命しましたが、「よこしまな者たちは、『こいつがどうしてわれわれを救えるのか』と言って軽蔑し、彼に贈り物を持って来なかった。しかし彼は黙っていた」(同10・27)という聖書の記述から、当初は無名の若者が突然王にされたことへの民の戸惑いがあったこと、また、本人も自信をもてずにいたことがうかがえます。(つづく)

Felipe Camargo, Regional Representative for Southern Europe, UNHCR

English (US) · Español · Português (Brasil) · Français (France)United Nationsで新しい仕事をスタート1994年3月6日ニューヨークカーブルに引っ越しました2001年12月21日


11/17 Hello Felipe. Time flies, Dushmanthee said that the baby I held in my arms when we visited Indika’s house, was now 16yo! What I remember you at that occasion was you took a long shower!

11/20 Dear Akemi, good to hear from you! Time flies and we get wiser…! I hope you are doing well. I am coming to Japan next year and would love to visit you in Yokohama or wherever you might be! as time approaches I will let you know. Stay well !!!

11/20 I am so glad to know that you will come to Japan soon. Please let me know when you are here. I would very much like to see you again. I also remember you when I heard Madam Ogata passed away.

Felipe Camargo

9月21日 · 

Are we accompanied or simply surrounded? Sometimes those that are friends or believe to be friends choose friendships at their own measure. To differentiate between friends and acquaintances is not easy. One can be surrounded by thousands of acquaintances but the real friends are to be counted with the fingers of one hand. Those that sense, share, listen, advice and suggest are the ones to be considered friends. Acquaintances are in general present at their own convenience. Acquaintances are not bad but one cannot always count with them. Friends are there, present, sensing and aware. They are the ones that you have telepathy with; those that know when, how and what to say and how to support. Friends are not to be underestimated. They will cross the world or simply call when they need you or you need them. Friends are not interested in celebrating one day of friendship, they are always there even when you are dead. They will carry you with them and you will carry them forever. So on this day of love and friendship in Colombia, I think about both friends and acquaintances and wish them all the happiness and the love that we all deserve.

8月21日

Yesterday was World Humanitarian Day #WHD. I reflected on my past 28 years working as a humanitarian. The reward of helping hundreds or thousands of persons, families, communities or countries to overcome the impact of war, man-made or natural disasters... and then I thought of us… humanitarians…that carry a heavy weight for years without adequate support, losing family, friends, colleagues along the way, becoming displaced, uprooted, emotionally weak and desperately lonely! I only hope that those that continue this fascinating and challenging path take care of themselves… as it is essential to do so in order to be able to take care of others.

9月4日 · 

Guido – present! GG l only know that the world would be a better place with you… but certainly you are not missing much: Italy is in serious trouble not to say in deep s…t, Colombia’s peace negotiations going down the drain, your dream of a solid European Union is becoming a nightmare, the number of refugees and victims of war has tripled in the last 10 years; the Amazon forest is disappearing at a rate that you won’t believe it; the earth is crying as pollution and abuse increases climate change and lost of species and habitats; abuse of power is the new democracy; Trump will most probably win a second term, Putin and Erdogan are Trump’s teachers, Venezuela is simply sad, and last but not least inequality is bigger than ever! So stay where you are! in the meantime, I will do my best to stay strong, calm and enjoy life in the county side.

8月21日 · 

Yesterday was World Humanitarian Day #WHD. I reflected on my past 28 years working as a humanitarian. The reward of helping hundreds or thousands of persons, families, communities or countries to overcome the impact of war, man-made or natural disasters… and then I thought of us… humanitarians…that carry a heavy weight for years without adequate support, losing family, friends, colleagues along the way, becoming displaced, uprooted, emotionally weak and desperately lonely! I only hope that those that continue this fascinating and challenging path take care of themselves… as it is essential to do so in order to be able to take care of others.



Felipe Camargo has worked for the United Nations for over 20 years, leading teams in Somalia, Afghanistan, Tanzania and many other emergencies. Since the early 1990s over a million Rohingya refugees have fled violence in Myanmar, and Felipe has returned to the region multiple times as part of the humanitarian response. He also suffered personal tragedy that affected him greatly. To listen to more episodes of “Awake at Night” visit: www.unhcr.org/awakeatnight Information for media: If you would like to use this video to communicate refugee stories or require B-Roll, transcripts, stills or much more information, please contact hqvideo@unhcr.org.

Related Sites

Talking Points for Felipe Camargo, UNHCR Regional Representative Southern Europe

18 September 2018


UN chief laments Ogata’s death, hails her achievements

Fillepeは日本へ来る前にUNを退職してしまった。残念。コロンビアへ行くチャンスは、残念ながらない・・・。

Top Pageへ

検索で出てくると困るので日本の字で書く。イギリスの大学でいちばん心に残った友の消息が気になっていたけど、やっと16年ぶりぐらいで直接やり取りができた。彼女はロンドン(北部)生まれのお嬢さまで、勉強だけでなくいろんことを相談した。私のつたない英語でも良く聞いてくれて、時には慰め、怒り、励ましてくれた。優しい人だった。寒い冬の日、一緒に教室まで歩いた日を懐かしく思い出す。いい日々だった。

ロンドン北部のお嬢さまだったことは、ヘレンが上品な英語を話したこと、一緒にクラシック音楽のサークルに参加したこと(これは、( ほぼ )上流階級しかしない。私は、練習の時、指導者が早口で指示する専門用語が理解できず、すぐ諦めた)、いつも服装がドレッシーで、スリランカに行ったときはシルクのスカートを穿いていたこと、Humanitarian spiritをもっていたこと。すべてが素敵だった。でも、彼女は運動が苦手で、軍隊式訓練の時は恐怖で顔が引きつって、年がいっている私に助けを求めた(!)。いい思い出ばかり、思い出される・・・・。今は二人の子供の母親、ロンドンできちんとした仕事をしてるのだろう。


ヘレンに返信するときに名前のスペルを間違えてしまった。次の機会には正しいスペルで!!


Top Pageへ